ロリポップとFTPソフト

私は、これまでの一般的なhpmlサイトを更新やバックアップするためには、サーバーとのやり取り(アップロードやダウンロード)をFTPソフトで行なってきました。しかし、WordPressではインターネットを介してサーバー側のプログラムを直接更新していきます。つまり、私はWordPressにしてから今まで一度もFTPでサーバーにつないだことがない(必要がなかった)のです・・・。ですので、私のパソコン内にはWordPressに関する何のデータもありません。ダッシュボードではメディアのアップロードはできても、データのダウンロードはできない様子・・・。まあ、当然のことながらFTPでつなぐのでしょう・・・ということで、早々やってみました。すると、WordPressを利用するためにサーバーをロリポップに変更しましたが、FTPに関する私の感覚とロリポップの感覚が微妙に異なりましたので、ここに記録しておきます。

私が最近まで使用してきたFTPソフトは、「IBM ホームページ・ビルダー11」に付属のFTP「ファイル転送」です。このソフトでは、自分のパソコンのフォルダとサーバーにあるフォルダを同時に表示して、アップロードやダウンロードなどの必要なる操作を視覚的に行うことができます。

FTP「ファイル転送」の画面

このFTPソフトを使わずとも、ロリポップのユーザー専用ページには「ロリポップ!FTP」が付随しており、これを利用することも可能な模様です。

開いてみると、こちらは下図のように表示されます。サーバーの中身しか見えません。

マニュアルを見ると、この画面よりアップロードやダウンロードができるようですが、私は使い慣れた自分のパソコンのFTPを使用することにしました。そこで、FTP「ファイル転送」の設定を行います。下図の上側はロリポップの私のサーバー情報、下側がファイル転送設定画面です。FTP「ファイル転送」ソフトは古いので、「プロバイダの選択」でロリポップがないので「その他」にしています。

この様に設定して接続してみると、無事に私のFTPソフトでもつながり、アップデートやダウンロードがこれまでと同じようにできるようになりました。バックアップもこれでとれるはず・・・やれやれ。

※指南書「はじめての簡単WordPress入門[決定版]」によると、あまりFTPを使ってアップロードしない方がよいとのことです。理由は、自分のパソコンがウイルスなどにかかっている場合、サーバーのプログラムにも感染してしまうからとのこと・・・私は自分のパソコンの主要プログラムのアップデートやウイルス対策ソフトの導入など万全の対策をしている(つもり・・・)ので、特に問題ないものと考えております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA